手のひら静脈認証 FeliCa認証のビオス(BIOS)のご案内


手のひら静脈認証や携帯電話FeliCaを利用したカードレス会員システム ビオスの活用例

ご利用シーン例
BIOSご使用例

ご利用イメージ
パチンコ店向け 手のひら静脈認証、Felica対応認証のBIOS(ビオス)のご活用方法
タッチパネル端末を店頭入口に設置する事で、お客様が来店時に自動的に来店ポイントを貯める来店システムが簡単に構築できます。 もちろん登録もタッチパネルから簡単登録で手間が一切かかりません。
貯まったポイントをWebサイトと連動する事で、Webサイトで毎月ランキングを行って、上位数名のお客様に 新台入れ換え時やイベント時の整理券をプレゼント!などの運用も可能です。
またレジにBIOS本体を配置する事でメーカーから配布されるノベルティーや販促グッズなどをプレゼントしても喜ばれるのではないでしょうか?

飲食店向け 手のひら静脈認証、Felica対応認証のBIOS(ビオス)のご活用方法
次回1ヵ月以内に来店のお客様にはビール1杯無料券などを発行する事ができます。
店内にタッチパネル端末を設置しておき会員登録はお客様各自で行って頂きます。御会計の際にレジにて有効期限が1ヵ月のクーポン券を発行する事で、 次回の来店を促す事ができ、リピーターの確保に繋がります。
また、来店ポイントも同時に使用する事で、5回来店で10%OFFなどのクーポン券を自動発行する事が可能です。 もちろん貯まったポイントをレジにて何かプレゼントと交換する事もできます。 常連客へ導く第一歩として効果が十分に期待できます。

美容室向け 手のひら静脈認証、Felica対応認証のBIOS(ビオス)のご活用方法
常連のお客様へスタンプラリーの代わりにポイントシステムをご利用頂けます。
認証方法は手のひら静脈認証装置でもFeliCa対応の携帯電話でもどちらでもOK!
スタンプが貯まったら割引する様なサービスを既に運用中でしたら、クーポン券自動発行機能が有効です。この機能はあるポイントが一定ポイントまで 貯まると自動的にクーポンを発行してくれる便利な機能です。
例えば、今までに10回来店毎に500円の割引クーポン券を発行していた場合、BIOSでは10ポイント貯まれば自動的にクーポン券を発行してくれる 様に設定しておけばOK!後は、来店時(後)にポイントの追加を行ってあげるだけです。

アミューズメントパーク向け 手のひら静脈認証、Felica対応認証のBIOS(ビオス)のご活用方法
例えば、ゲームセンターで
来店ポイントを導入することで、例えば3回来店でUFOキャッチャー1回無料券やメダルゲーム用のメダルを20枚貸出券等を自動配布するなど、来店すればするほどよりお得にお客様に遊んで頂けるシステムを提供できます。
また、フリーパス機能を利用することで、特定の場所に対しての入場を管理する事も可能です。
例えば、会員様専用のコーナー等の入り口でBIOSで入室制限の確認を行う事が可能です。
ゲームセンターだけではなく、ボーリング場等の施設でも同様の事が実現できます。
また定期的にダイレクトメールを送信することが可能ですので、客離れを起こさない様にイベント等のプロモーションが行えます。
学習塾向け 手のひら静脈認証、Felica対応認証のBIOS(ビオス)のご活用方法
小中学生を対象とした塾などでは、塾の行き帰り子供が心配な保護者は多いはずです。
塾の入室時に生徒に認証して貰う事によって、出席確認が取れる上に、保護者の携帯電話のメールに自動送信する事で「うちの子塾にちゃんと行ったか心配・・・」や「まだ帰って来ないんだけど、もう塾は出たのかしら・・・?」という心配事もなくなります。
これで保護者の方を安心させるだけでなく、防犯にも役立ちます。


映画館向け 手のひら静脈認証、Felica対応認証のBIOS(ビオス)のご活用方法
事前に受験者に手のひら静脈認証を登録して貰う事で、大事な試験の替え玉受験防止が可能です。
BIOSで利用している手のひら静脈認証装置は高精度な識別能力がありますので、替え玉受験をさせる事なく公平な試験の実施が行えます。


その他、ホテルの会員カードや病院の診察券など日常の様々なシーンにおいてご活用いただけます。
まずはご相談下さい。

※ブルーの記載はカスタマイズ対応となります。

手のひら静脈認証 FeliCa認証のBIOS(ビオス)の製品仕様


資料請求・お問い合わせはこちら

↑ページの先頭へ

ビジネスパートナーの募集

Web システム開発/合同会社システムクリエイトのビジネスパートナーの募集 合同会社 システムクリエイトではビジネスパートナーを募集しております。弊社パッケージ製品の販売代理店や取次店、またビジネスパートナーとして同行営業や企画・プレゼンなど様々な角度で協力し合う事でプラスαの付加価値を見い出しましょう。
またフリーランスのシステムエンジニアの方も随時募集を行っております。

ビジネスパートナーの詳細